贅沢な空気で暮らすために

PM2.5や花粉を防ぐ換気方法について

粒子の重さ

Q.PM2.5や花粉など外の空気の汚れを防ぐには、どのような換気方法が良いでしょうか?

A.第1種換気か第2種換気
 PM2.5の飛来の増加によって、給気に伴う外気に含まれる汚染物資の室内への侵入を防止する事が極めて大切なことになります。第1種換気は、汚染物質の室内への防止を行う上で給気ダクトにフィルターや外気清浄機を容易に取り付けることが出来るために、他の換気設備に比べて優位性を有しています。その一方で第1種換気では、フィルターや素子の汚れによって性能が著しく低下することから、外部の汚染物質の侵入防止対策が強く求められることになります。
 
 最近、PM2.5で代表される微細な汚染物質を完全に除去出来る外気清浄機が株式会社トルネックスから発売され、注目されています。この機器は、低圧損でかつ給気経路に簡単に取り付ける事が出来る優れた性能を持つものです。また、外気清浄機は、給気ダクトのみで構成される第2種換気の給気経路に容易に取り付ける事ができます。

坂本弘志先生コラム 「第1種換気で知っておきたいことは?」より 詳細はこちら

フィルタの捕集効率の表し方の違いについて

粒子の重さ

Q.フィルタで小さなほこりがどれだけ捕集できているか測定するには、「質量法」と「計数法」はどちらが適しているでしょうか?

A.計数法
 例えばAというフィルタの性能表には「捕集効率90%」と表記されていて、Bというフィルタの性能表にも「捕集効率90%」と表記されていたりすると、一見AとBは同じ能力だと思ってしまいますよね。ところが同じ捕集効率90%なのですが能力が全く違う場合があるのです。どういうことかというと、捕集効率の測り方にはいくつかの種類があって、どんなほこりを捕集する目的のフィルタなのかによって測り方が違っているのです。以下に住宅換気で使われているフィルタの主な二つの測り方について簡単にご説明します。

 まず質量法という測り方ですが、比較的大きなほこりを捕集するためのフィルタに適した測り方で、花粉をとる目的のフィルタなどでよく表示されています。フィルタによってどれくらいの質量(重さ)のほこりを減らせるかを評価する方法です。次に計数法という測り方ですが、タバコの煙とかPM2.5などの小さなほこりを捕集するためのフィルタに適した測り方で、ほこりを大きさごとに分けて、それぞれの大きささのほこりの数がどれくらいフィルタによって減らせたかを評価する方法です。大きさごとにフィルタの上流側の粒子数と下流側の粒子数を数えます。

「捕集効率=1-下流側のほこりの粒子数/上流側のほこりの粒子数」

トルネックス技術部コラム 「本当の空気清浄能力って?」より 詳細はこちら

外気の取り入れに使うフィルタに必要なことは?

プレフィルタとメインフィルタ3

Q.住宅の外気取り入れに使うフィルタに必要なことは、「外から入ってくるホコリを除去する能力」と「目詰まりによって○○○○が低下しないこと」。○○○○に入る言葉は何でしょう?

A.換気風量
 住宅用24時間換気システムというのは文字通り24時間365日連続稼働しているので、フィルタを通る空気の総量はとても多く、フィルタへの負荷は一般の空気清浄機と比べても非常に大きなものになります。
 高性能なフィルタを住宅の外気取り入れで使うと、すぐにフィルタが目詰まりしてしまうのです。住宅には換気が必要であることはご存知かと思いますが、それらの高性能フィルタは換気風量が低下してしまうのです。必要な換気風量を確保することが第一であって、フィルタを付けることによって換気風量の低下につながってしまっては本末転倒です。
 「大きなホコリから小さなホコリまで外から入ってくるホコリをどれだけ除去できるか」、「使っていくうちに目詰まりによって換気風量が低下してしまわないか」、この2点の両立が外気の取り入れに使うフィルタにとって重要なポイントだと思います。

 HEPAフィルタなどの高性能なフィルタが外気取り入れには適していないとすると、ホコリを除去する能力と換気風量が低下しないという2つの条件を満たせるフィルタってなにがあるの?ということになります。
 住宅用としてはあまり知られていないのですが、業務用やビル空調用などで使われている電子式集塵フィルタというものがあるのです。
 PM2.5はもとよりたばこの煙くらいのごく微小なほこりも取ることができるうえ、他のフィルタとくらべて圧倒的に空気が通りやすく目詰まりしにくいという特長があります。まさに外気取り入れに適した性能を持っていて、当社の外気清浄機はこの電子式集塵フィルタを搭載しているのです。

トルネックス技術部コラム 「本当の空気清浄能力って?」より 詳細はこちら

どんな種類のフィルタがあるの?

様々なフィルタ

Q.最も小さいほこりがとれるフィルタは何でしょうか?

A.HEPAフィルタ
 現在、一般的なフィルタのなかで最も小さなほこりまでとることが出来るのがHEPAフィルタです。このフィルタはたばこの煙のようなごくごく微小なほこりのほとんどを捕集することが可能です。クリーンルームなど極めてほこりを少なくしなければならない場所で使われていましたが、今では家庭用の高性能な空気清浄機などでも使われています。
 次に、たばこの煙よりも大きなほこりや花粉などを捕集することができる中性能フィルタというものがあります。外の空気を取り入れる部分で主に使われていますが、住宅の空気取り入れ口などでは、中性能フィルタよりももっと大きなほこりしかとれないフィルタが使われているケースもあって、虫などのような大きなものしかとれないようなものもあります。
 HEPAフィルタや中性能フィルタは、繊維の網にほこりが引っ掛かったり付着したりしてほこりを取ります。ですから小さいほこりを取るためには網の目が小さくなければなりません。網の目が小さいということは空気が通りにくいということですし、汚れて網の目詰まりを起こしやすいということになります。目詰まりするとより一層空気が通りにくくなります。

トルネックス技術部コラム 「本当の空気清浄能力って?」より 詳細はこちら

フィルタって何?

09_main

Q.トルネックスでは住宅向けの他、分煙対策用の喫煙所システムを開発しています。たばこの煙を集塵できる「電子式集塵フィルタ」は、外気清浄機にも搭載しています。
 ちなみに、たばこの煙の粒子の大きさは花粉と比較するとどれくらいの大きさだと思いますか?

A.正解は1000分の1mm。
 花粉の一般的な大きさはだいたい100分の3mm程度で、たばこの煙は10000分の1mm程度です。花粉もたばこの煙もとても小さいと思いませんか?

 エアコンとか空気清浄機の場合、はじめに空気が吸い込まれるところには、反対側が見えるようなとても目が粗くて網のような「プレフィルタ」がついています。プレフィルタは、綿ぼこりとか髪の毛とか虫とか目に見えるくらい大きなほこりを取り除くためのものです。プレフィルタの風下側についているのがメインフィルタです。メインフィルタでは、人の目でやっと見えるようなほこりから肉眼では見えないようなとても小さなほこり※1を取ります。こちらが機器としてのほこりを取る性能を左右します。

※1 人の目で見えるのは一般的には100分の1mmくらいの大きさです。
 メインフィルタともなれば、反対側が透けて見えるわけでもなく、たいていしっかりとした布みたいなもので出来ていますから、いかにも小さなほこりまで取れそうで、一見どれも同じような性能に思えるかもしれません。でも本当はとても大きな違いがあるのです。目に見えないほこりとひと言でいっても、花粉よりちょっと小さいくらいのものから、たばこやお線香から出ている煙くらいの大きさまで、100倍くらい大きさの違いがあります。

トルネックス技術部コラム 「本当の空気清浄能力って?」より 詳細はこちら