TORNEX Column
トルネックスコラム

空気清浄機の性能と選ぶポイント

2021/02/22

nantonaku

空気清浄機の性能と選ぶポイント

 
厚生労働省が感染症対策で換気を多く行うことを推奨しており、室内の空気に対する関心が高まっています。
 
室内の空気をきれいにするには換気が効果的ですが、建物の構造上、換気量を増やすことが難しい場合があります。
 
そのような場合、微粒子を除去できる空気清浄機が効果的です。

 

空気清浄機は、デザイン、価格、色々ありますが、「なんとなく」で選んでいませんか?
 
空気清浄機を選ぶ時に「フィルタ」の性能で選びがちですが、吸引力が弱いと室内の空気はなかなかきれいになりません。
 
空気清浄機を選ぶ時はフィルタの性能だけでなく、1時間にどれだけ多くの空気をキレイにしているか? 
つまり「相当換気量」を基準にしましょう。

soutou-kanki

相当換気量とは、「フィルタの捕集効率×処理風量」です。

空気清浄機により清浄された空気を相当換気量と呼び、換気と同等と考えることが可能です。
※日本空気清浄協会「空気清浄機性能評価指針」

トルネックスでは、換気が難しい場合、換気に代わる空気清浄機選びのポイントについて、わかりやすい動画を作成いたしました。
 
今後空気清浄機を選ぶ場合の参考にご覧いただければ幸いです。

 

◇すばやい換気に代わる空気清浄機のポイント・ムービー【フルバージョン】 
 https://youtu.be/mshDFhvUIIs
 
 Chapter 1 : 「相当換気量」とは https://youtu.be/nRp-7btwyJM

 Chapter 2 : 「大風量に最適な空気清浄機のフィルタは?」 https://youtu.be/99HSIf4x5zE

 

トルネックスにお問い合わせ・資料請求・ご質問・ご相談は