Column
空気と換気のコラム

坂本 雄三 先生

3.空調・換気の目標(室内環境基準)その①:法令で定めた空調・換気の目標

2022/06/30

法令で定めた空調・換気の目標

 
 空調と換気が何のために必要かは改めて述べることもないでしょうが、ここでは日本の法令において空調や換気がどのように扱われているか、確認にしておきたいと思います。
 
 建物を建てるときに最も基本になり重要になる法律は建築基準法です。建築基準法は戦前の市街地建築物法に前身がありますが、戦後は都市計画法が分離されたり、基準法自身も何度も改正されたりして、整備されてきました。建築関係者の間ではよく知られているように、建築基準法は建築物の敷地、構造、設備などについて最低の基準を定めたものであり、建築物に言わば「最低限の性能」を確保させるための法律です。建築基準法では、技術基準などの詳細は建築基準法施行令(政令の一つ)や国土交通省告示の中で提示されています。また、建築基準法だけではカバーしきれない部分や分野もあるので、建築基準法の運用(建築確認などの行政)においては様々な関連法令(建築基準関連規定という)との適合性も同時にチェックが行われています。
 
 空調と換気の技術基準については、主に建築基準法施行令の129条の2の5に、「中央管理方式の空調設備」が提供すべき性能として、表1に示す室内環境基準が提示されています。また、厚生労働省が所管する「建築物衛生法」の「建築物衛生管理基準」においても表1と同じ基準値が提示されています。
 


表1 建築基準法において定められている室内環境基準(空気質の基準)
sakamoto_3-1

 
 
 住宅などの空調設備は個別エアコンが主ですから、決して「中央管理方式の空調設備」とは言えませんが、住宅などの設計においても空調設備や換気設備に対しては表1の数値が設計目標となります。もちろん、ビルの室内温度については暖房時22℃、冷房時26℃とするのが、空調設備設計における常識であり、現実です。ですから、暖房時の17℃以上というのは低すぎます。最近は、住宅においても冬期の低温は居住者の高血圧などを招き健康に良くないことが知られるようになりました。WHO(世界保健機構)でも冬期の居室室温は18℃を推奨しています。本来ならば、建築基準法や建築物衛生法でも、このような最新の研究成果や世界の情報を勘案して、空調が目標とすべき室温や湿度を再設定すべきであると思われます。
 
 このように、目標とすべき室内環境基準が法令には提示されていますが、その中の項目と基準値は時代と共に変化すべきものとして認識できます。また、建築基準法は建築物に「最低限の性能」を保持させるものですが、今回のコロナ禍でも見られたように、より高い空気環境基準を消費者側が要求するというケースも発生します。ですから研究者や技術者は、「法令で定めてあるからおしまい」という考え方ではなくて、将来や未来を想定して自己の仕事を考えていくことも必要です。
 
 一方、1990年代に大きな社会問題となったシックハウス(建材からの化学物質の放散を原因とする居住者の健康被害)に対しては、2003年に建築基準法施行令の20条の8の1が設けられ、住宅の居室においても機械換気設備(24時間換気)を設置することが義務づけられました。これは、建築の材料・工法がバブル期前あたりから大きく変化したために発生した事故・事件に対応するための法令改正です。ですから、前述の室内環境基準の見直しと同様、今後も我々の健康と良い暮らしを維持していくためには、法令に過度に依存することなく、様々な情報の収集と分析が必要であると思われます。
 
 以上のように、法令という建前ではありますが、室内の空気質に対しては、空調・換気設備が提供すべき基準値が設けられたり、換気設備の設置が義務づけられたりしています。法令を通じた、こうした国の行政は、国民の健康を守るために世界各国が行っていることであり、基本的には大いに評価できるものであります。

 

(つづく)

 
 


■講師ご紹介

sakamoto_y

東京大学名誉教授

坂本 雄三 先生

専門は建築環境工学。1948年、札幌市生まれ。北海道大学卒業後、東京大学大学院博士課程を修了。建設省建築研究所・研究員、名古屋大学・助教授、東京大学・助教授を経て、1997年に東京大学・教授に就任。2012年に東京大学を退職し、国立研究開発法人・建築研究所・理事長に就任、2017年まで勤める。国土交通省、経済産業省、東京都などにおける審議会や委員会の委員を歴任。中でも、建築・住宅の省エネルギー基準の制定やZEH・ZEBのオーソライズにおいては委員長を務め、それらの成立に尽力した。また、空気調和・衛生工学会の会長も2010年から2年間務めた。主な著書として、『省エネ・温暖化対策の処方箋』(日経BP企画,2006)、『建築熱環境』(東京大学出版会,2011)。
 
 

■坂本雄三先生コラム一覧

1.コロナ禍による換気の再認識 その①:コロナ禍と対策レビュー

2.コロナ禍による換気の再認識 その②:換気の効用と役割

3.空調・換気の目標(室内環境基準)その①:法令で定めた空調・換気の目標

4.空調・換気の目標(室内環境基準)その②:空調・換気の目標を達成するための技術と手段

 

※当コラムや画像等及びその内容に関する諸権利は、原則として株式会社トルネックスに帰属します。また、一部の画像・イラスト等の著作権は、原著作者が所有していますので、これらの無断使用、転載、二次利用を禁止いたします。

 

 
teian
 
products

 


トルネックスにお問い合わせ・資料請求・ご質問・ご相談は
電話受付 9:00~17:30 ※土日祝を除く
tel

トルネックスにお問い合わせ・資料請求・ご質問・ご相談は